使える英語を身に着けよう~TOEIC900点まで

英語は習慣化すれば使えるようになる~英語学習情報

英語で読む村上春樹~kafka on the shore

英語で読む村上春樹~Kafka on the shore

 

f:id:rosiakana:20161217192407j:plain

 

事件は現場で起こっている

 


「英語がわかるようになりたいです。」

師匠「 原文にあたって悩め

 


なるほどと思って、どんな原文に当たろうかと考えたところ、

Kafka on the Shore にすることにした。

 

村上春樹さんの「海辺のカフカ」はまだ読んだことがなくって、今度読もうと思っていたから。

 

文学には人生をあらわす言葉がてんこ盛り


原文を読むことでみえてくることがあるだろうから、そこから学んでみようと思った。

 

外国語を学ぶ人にお勧め!

おもしろい「多言語取得理論」の話

 ↓↓

大人になってからフランス語の勉強を始める人は絶対に聴いてみて~井上大輔先生の多言語習得のコツ - フランス語と世界へ旅に出よう♪

 

 


村上春樹さんの作品を翻訳している人

 


村上春樹さんの小説は米国でもとても人気が高い、それには腕利きの翻訳者と村上春樹さんとの濃い交流があるからだと聞いた。


Kafka on the shore の翻訳者のプロフィールが載っていたので紹介します。

 

Philip Gabriel is associate Professor of Japanese Literature at the University of Arizona.

He has translated the work of Senji kuroi and Masahiko Shimada, as well as other novels by Murakmi ,

He is the co-editor of an anthology of essays, Oe and beyond :Fiction in Contemporary Japan.

 

 

 

わからない単語があったら立ち止まる

 

原文を読んでみてどうしようと思ったのは、自分がわからなかった単語でちゃんと立ち止まるべきかどうかということです。


わからない言葉というのは、雰囲気で結構よめていってしまうことがあります。

でも、その雰囲気で乗り切ったときに、大切なものを落っことしてしまう可能性というのはおおきいです。

 

日本語ですと、すでに「雰囲気」で乗り切るようなまったくわからない単語というのがないのは、

大人になっていてよかったなと思うことです。


子供のとときは、やっぱり「雰囲気」で乗り越えることがおおかったですが、それはまだ生きている世界じたい、

まだ新しかったのでしかたがないかなとおもいます。


経験とともに知る言葉はやっぱり増えてきます。

 

じゃあ、、、英語は。


英語がわかるようになりたいっていっているのに、みすみすわからない言葉が見つかったときに、雰囲気で流すか、

ちゃんと調べるか。

 

 描写を表現する単語がたくさん学べる


よくわからない単語というのは、様子を細かく描写した単語というのが多いです。

例えば

 

Kafka on the shoreでわからなかった単語

 

Crow asks in his characteristic slugissh voice.

slugissh: 動きののろい、怠惰な


例文:The money market is sluggish.


I feel sluggish

 


感想:Bruno Marsの歌のなかに、The lazy song というのがあるのですが、


Just Chillin’ in my snuggie. という歌詞があります。


snuggie というのは、着る毛布みたいなもので、顔だけだしてくるまれるものです。


スナッギー

スラギッシュ という音をきいたときに、このスナッギーを思い出しました。

S+G なんちゃらというのは「なまける、怠惰な」を連想させる音なのだろうかという感想。

 

 

Crow smirks and looks around.

 

Smirk: にやにや笑う

古い英語では smile の意味だっった。


SM という音が連想させる意味というのもやっぱりあるのかも。

英語にも語感というのがあるのかもしれない、、とおもったり。

 

 


I imagine you've started out by rifling drawers , am I right ?


rifling: 探って強奪すること


父親の持ち物からちょうどいろいろと持ち出すところの場面に書かれていた文章、

rifling ってライフルだから 銃?とかおもったけど、引き出しとつづくので

意味がわかりませんでしたが、「引き出しをごそごそと探ってうばってくる」

という意味だとピッタリします!

 

 

The boy named Crow lets out a sigh, then rests a fingertip on each of his closed eyelids.

 

 

fingertip : 指先、指サック

hope to touch even a finger tip of

指先だけでも触れたいと思う


have more information at one's fingertips than

より多くの情報を簡単に入手できる

 


Over and over you play this out , like some ominous dance with death just before dawn.


ominous: 驚かすような 脅迫的な  不吉な 悪い前兆となるような

 

 

 外国語の最新学習法がわかる

無料のビデオ講座はこちら

 ↓

大人になってからフランス語の勉強を始める人は絶対に聴いてみて~井上大輔先生の多言語習得のコツ - フランス語と世界へ旅に出よう♪